>

ハローワークの資格取得支援制度

求職者支援訓練について

求職者支援訓練とは、教育訓練機関の講習を受講することにより、スキルアップをして、就職できやすいように支援する求職者向けの制度です。
また制度を利用するためには受講条件があり「ハローワークで仕事を探していて、尚且つ就職する意思がある人」しか支援は受けられないのでご注意ください。

そんな訓練に申し込むためにはハローワークの必要書類を用意し、窓口で手続きを行った後に選考試験を受けます。主に面接試験だけですが、訓練コースによっては筆記試験が出される場合があります。しかしどちらとも難しい試験ではないので、訓練ができるように取り組みましょう。

訓練の受講料は無料で、教材費は個人で払う仕組みになっています。さらに条件を満たせば補助金が受け取れたり、交通費も支給されたりします。

資格支援の利用者は年々増加している

ハローワークの資格取得は「教育訓練給付制度」がとても便利なことから、現在でも利用者が増加しています。
教育訓練給付制度は1998年頃に設立されたのですが、その16年後、2014年にて一番大きく変わったのが「教育訓練支援給付金」の新設です。
教育訓練支援給付金は、資格の勉強をしながら、生活費のサポートを受けられる便利な制度ですが、この給付金を貰うには、受講開始の1か月前までに所定の手続きを行わなければならないので、ご注意ください。

そしてそんなハローワークで取得出来る資格は、「IT関係」「事務関係」「技術関係」等々、たくさんの資格が存在します。もし何かの資格を取得したいと思えば、大半の資格は給付の対象になっているので、今後の就職活動で役立つように訓練を受けるといいでしょう。



ページ
Topへ