>

転職する際に取るべき資格とは?

何故資格は転職に響くのだろう?

「資格を取っておけば、今後の将来に役立つ」と、誰もが一度は聞いたことがあるでしょう。もちろん資格があれば転職に有利です!何故なら採用担当者は、応募書類に記載された志望動機だけでなく、「資格」を見ることも多いので、さらに個人の印象を強くできるのです。

また資格のメリットはまだまだあります。例えば企業への応募できる幅が広がったり、会社へのオファーが増えたりと良いことだらけです。たとえ使っていなくても、「この人は学びに対して意欲的だ」という印象も与えることも可能です。
このためか、資格の勉強に取り組んでいる方がかなり多いのです。もし転職しようと思ったとき、後悔しないために、まずは情報収集から始めてみるべきです。

資格が必要な職種を一部ご紹介

ここでは転職で有利な資格の一部をご紹介します。自身の将来に役立つ資格を取りましょう。

営業職→中小企業診断士やファイナンシャル・プランナーなど。営業職は取り扱う商材やどんな顧客を相手にするかによって変わってきます。資格がなくても歓迎している求人がほとんどですが、取得をしているだけでも印象がより大きくなることでしょう。

エンジニア職→基本情報技術者や情報処理安全確保支援士など。実はエンジニアには専門的な資格が必要ありません。しかし入社時に取得していれば、資格手当が上乗せされる可能性があるので、持っていて損はないでしょう。

技術職→建築士や危険物取扱者など。技術職は豊富な資格があるのが特徴です。仕事の幅が広がる面白さがありますが、資格によっては実務経験が必要とされています。



ページ
Topへ