>

「資格取得支援制度」がある理由とは?

資格手当について

「資格手当」とは、仕事に役立つ資格を取った社員や、その資格を持っている社員に会社が支給する金銭のことです。主に社員の能力向上や、資格取得者を増やして会社の信用を得ることを目的としているそうです。そんな資格手当のある企業は不動産業や金融業、医療業などさまざまです。

さらに資格手当は2種類に分けられており、毎月支給される普通の「資格手当」と、資格取得時に支給される「合格報奨金」が存在しています。どちらか片方が支給されますが、企業の中には両方支給するところも少なからずあります。

金額については、資格の難易度などによって変わってきますが、相場としては月額の資格手当が1,000円〜5万円ほどになり、合格報奨金だと5,000円~20万円になります。

資格手当の今後

現在は対象となる資格を持っていれば、毎月の資格手当がもらえると思います。ただし今後は支給している企業であっても、資格手当がもらえない可能性があります。さらに一部の業種(建設業や医療業など)を除いては、コスト削減などの理由から見直されることもあります。その場合は合格報奨金のみして、月額手当は廃止するかもしれませんね。

いかがでしたでしょうか。ちなみに入社前に資格を取得している人には合格報奨金は出ないので、報奨金がほしい場合は就職後に取得しなくてはなりません。
資格手当は就職情報サイトや企業のホームページなどを参考に調べてみます。就職や転職を考えている方はどのような資格が手当の対象となるのかを調べた上で、自分の将来役立つ資格を見つけてみてはどうでしょう。



ページ
Topへ