職場の資格支援制度を利用するとお得

働くついでに資格取得を目指す

「資格取得支援制度」がある理由とは?

資格を持っていると就職や転職にとても便利ですし、その後仕事に就いても資格取得で得た知識や技術を仕事に活かすことができます。また資格を持っていることで得られるものが「資格手当」だと思います。 そこで今回は、資格手当について色々とまとめています。

転職する際に取るべき資格とは?

いつか転職するかもしれない時に、自身のスキルを証明するものが「資格」です。さらに仕事や転職活動をしながら、資格勉強というのはなかなか難しいものです。しかし転職成功のためには、限りある時間を有効に使わなくてはいけません。 そこで今回は、転職で役立つ資格についてご紹介しています。

資格手当について解説

資格取得支援制度は一体何のためにあるのでしょう?現在ではその制度を導入している会社はたくさんあると思います。その資格は会社の業務に役立つことはもちろん、将来使えることだってあるのです。

要するに資格取得制度とは、「取得すべき技術などを会社側が教えてくれる」という役割があります。例えば社員に「この知識を身に付けて下さい」と、社員に対して暗黙のメッセージを伝えます。
そのためか資格を取得すると、多くの場合は役職に就けたり、補助金がもらえたりと業務上の優遇を受けることができます。

また社員側から見てみると、資格取得制度について一体どのように感じるのでしょうか。上記で話した通り業務上のメリットがあるだけでなく、仕事のやる気を上げる効果もあります。
例えば社会人として毎日同じ仕事を繰り返していると、何時かは新人の頃のようなやる気が無くなってきてしまうものです。しかし変わったことをやり始めるとどうなるでしょう。不思議と気持ちが切り替わって、毎日の仕事や日常が楽しくなると思いませんか?
そういったマンネリ化を防ぐために、資格取得制度を行っているのです。


いかがでしたでしょうか。もし資格取得をできたら単純に嬉しく感じるだけでなく、大きな達成感が得られたり、会社から褒められることだってあるのでお得なことがいっぱいです。
「仕事のためだけでなく、自分のための資格を取りたい」そんな将来を求めて、資格取得制度を利用してみてはどうでしょう。

ハローワークの資格取得支援制度

ハローワークと言えば、就職支援のイメージが強いのが特徴です。しかしそんなハローワークも実は新卒採用のサポートをしており、就職支援の一環として資格取得のサポートをしていることをご存知でしょうか。 そこで今回は、ハローワークで受けられる資格支援についてご紹介しています。


ページ
Topへ